小山のU様邸が着工しました

皆さんお久しぶりです 🙂

朝夜は肌寒さを覚える季節になってまいりました 😯

体調管理と早めの衣替えにいそしんでいる私です 😎

 

さて、今回は小山の分譲地でU様邸が着工しましたので

ブログで紹介したいと思います 😎

今回はルミナスでは新しい工法での地盤改良工事が採用されました

私もじっくり作業を見学させて頂きました

IMG_3570

ここが今回の現場です :roll:  まずは建物の配置出しを行っていますね 😀

そうこうしている間に今回の改良に使用される資材が搬入されました

IMG_3575 IMG_3574

今回はこの細径鋼管杭を使ったCPP工法で地盤改良を行っていきます

左の写真の真ん中にあるのが鋼管杭

右の写真がその鋼管杭の先端に取り付ける底盤部のアタッチメントです 😮

 

このCPP工法の魅力は簡単に言えば

従来の鋼管杭の施工性の良さ+柱状改良のコストでの工事

=コストパフォーマンスが良い改良工事 なのです 😉

(詳しくはCPP工法で検索 😳 )

IMG_3572

まずは、先程ご覧頂いた底盤部のアタッチメントを回転圧入して地面の中へ

そして上の写真の様に後から鋼管杭を差し込むことにより

従来の鋼管杭と違い細径でも杭が圧入の際にねじ切れる心配が無い訳です 😯

IMG_3577 IMG_3580

そして再び決められた高さまで圧入

右の写真は改良終盤の写真ですがご覧の通り柱状改良では当たり前に出る

廃土がほとんど出ていない事が分かります 😆

IMG_3581

これが圧入完了した鋼管杭です

本来はここに蓋がつくのですが、この後の基礎工事の際に取り付けます

(土を掘る際に引っかけての紛失を防ぐ為)

あとは設計されたポイントを同じように改良していきます 😮

 

1ポイント今回のCPP工法を見学しましたが施工性が高いからか

比較的短い時間での工事でした(廃土が出ないのも驚きでした)

 

 

そして現在はその杭の上に基礎業者さんが床掘り、砕石を転圧して

IMG_3687 IMG_3689

捨てコン打設まで完了しています

来週には配筋検査が行える流れですね 😳

 

今回は普段なかなか見ることのできない地盤改良の紹介でした 😀

では次回の更新をお楽しみに 😆